1: ばかばっか ★@無断転載は禁止 2016/07/24(日) 08:48:39.50 ID:CAP_USER
http://s.eximg.jp/exnews/feed/Excite/bit/2016/E1469070160502_70d2_2.jpg
台湾最大の都市・台北。テレビでは「ポケモン」や「妖怪ウォッチ」が流れ、街を歩くと「ワンピース」「ドラゴンクエスト」「ハローキティ」など、日本のアニメ・ゲーム・キャラクターがあふれています。
そんな台北の中心にあり、アニメショップやメイドカフェも並ぶ「台北地下街」には、日本人が見て、思わず親しみを感じてしまうネコのキャラクターたち「DNAXCAT」がいます。
このネコキャラ、台湾史上初の国産テレビアニメーションにまでなるほどに人気なのですが、なんと、元々は同人活動からスタートしています。
日本のアニメが広く浸透しているなかで、国産の子ども向けアニメを作り続けたいと孤軍奮闘している「九藏口苗窩有限公司(DNAXCAT CO., LTD.)」を取材しました。

DNAXCATこと「九藏口苗窩(じょうざんみゃおうお)」は、まるでぬいぐるみのように愛くるしいネコの一族が暮らす世界の物語。「猫王国」「櫻花村」「猫魔界」の3つの世界からなり、主人公の猫国王・九藏(じょうざん)は、普段はのんびりおとなしく、おいしいものに目が無い性格ですが、国の平和を乱すものは絶対に許しません。

http://s.eximg.jp/exnews/feed/Excite/bit/2016/E1469070160502_cb38_3.jpg

なんとこの主人公、モデルは九藏口苗窩有限公司(以下、九藏)のCEO・陳仲君氏本人。
もともと「九藏」は、彼のハンドルネーム。そして、主人公だけでなく、登場するネコにはすべてモデルがいて、ファンもキャラクターになって登場するという「参加型ファンタジー」なのも画期的
今年、モデルとなっているファン同士が結婚するため、作中のネコ同士も結婚するというのだから驚きです。

その根底には、もともとこのDNAXCATが、BBS(掲示板)としてスタートしたという経緯があります。
九藏氏がまだ会社員だった頃、1998年に立ち上げたBBSのアイコン用に、ネコのキャラクターを自らが描き、それを物語に。
現在、キャラクターはプロが描いていますが、ストーリーは今も九藏氏自らが考えています。

http://s.eximg.jp/exnews/feed/Excite/bit/2016/E1469070160502_3a08_4.jpg

1998年にBBSのキャラクターとして登場したDNAXCAT。
物語を創作して台湾版コミケ(CWT)に出品したところ人気に火がつき、2011年、家族の反対を押し切り、とうとう九藏氏は会社を設立して、DNAXCAT一本でやっていくことを決意するのです。
2012年夏には台北地下街のマスコットキャラクターとして採用され、台湾総督府法務部の子ども向け薬物使用防止キャンペーンマスコットになるといった活躍の一方で、グッズ展開も幅広く行い、今年6月27日に台湾全土のセブン-イレブンで発売されたコレクションカードは、あっという間に売切れてしまいました。

http://s.eximg.jp/exnews/feed/Excite/bit/2016/E1469070160502_885a_5.jpg

そんなDNAXCATが、台湾初のテレビアニメーションとして制作開始となったのが2013年夏。
台湾では3Dアニメーションは制作されているものの、いわゆる普通のアニメは制作されていませんでした。
理由は、3Dに比べて多額の費用がかかるため、制作会社も無く、技術が確立されていなかったからです。

しかし、九藏氏がクリスマスの日、子どもたちにグッズのプレゼントを配っていた際に言われた「動いているDNAXCATが見たい!」の一言で一念発起。
自ら、アニメーション制作に取り組み、わずか4人のスタッフで自主制作したのです。
なぜ3Dではなく、普通のアニメにこだわったのかを聞くと、「やっぱり……アニメが好きだから」。

http://s.eximg.jp/exnews/feed/Excite/bit/2016/E1469070160502_1cab_6.jpg

制作されたアニメは、本編12分の26話。30分番組として1クールになるように作られました。
するとそのクオリティの高さに、台湾の3大テレビ局のひとつ・台湾テレビ(TTV)が驚き、「ぜひ、放送したい」と話は進み、2015年8月から台湾全土でテレビ放送。
その後も繰り返し再放送が行なわれています。

http://s.eximg.jp/exnews/feed/Excite/bit/2016/E1469070160502_b417_7.jpg

〉〉2

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1469070160502.html

ニュース速報+ http://daily.2ch.net/newsplus/
ニュース国際+ http://potato.2ch.net/news5plus/
痛いニュース+ http://potato.2ch.net/dqnplus/
PINKニュース+ http://phoebe.bbspink.com/pinkplus/

元スレ
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1469317719/
15: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/07/24(日) 09:07:01.63 ID:IXCdL21i
>>1 薄くでいいから瞳が欲しいな

2: ばかばっか ★@無断転載は禁止 2016/07/24(日) 08:48:57.53 ID:CAP_USER
台湾国産のアニメを……という思いは、けっして日本に対抗してという意味ではありません。
このDNAXCATの世界にある「櫻花村」は、桜が咲き誇り、神社があり、屋台が出てお神輿が担がれお祭りが行なわれるなど、日本がモチーフになっています。
これは、九藏氏が京都の北野天満宮を訪れた際に見たお祭りに感化されたもので、物語の中だけでなく、台北地下街ではDNAXCATのネコキャラたちとお客さん、子どもたちが楽しむ「浴衣祭」が毎年開催されています。
台湾には浴衣を着るという文化はそもそも無く、この浴衣祭では、台湾の人たちが浴衣を着て、これまた台湾には無い焼きそばを食べて、絵馬に願い事を書くという、日本文化を体験できるお祭りとなっていて、まさに、台湾と日本の文化を繋ぐ役割も果たしています。

気になるのは、ネコたちに瞳が無いこと。そこにも九藏氏のこだわりがありました。

「実際の人間社会は、目と目でやりとりをしているにもかかわらず、真心で繋がっていないことが多い。
瞳で平気で嘘をつく。うわべだけでなく、心と心で繋がりたかったから、あえて瞳が無いのです。」

もともと、BBSのアイコンキャラクターとして生まれた際に、心と心で繋がりたい、その思いから、あえて瞳を描かなかったことがはじまりでした。

http://s.eximg.jp/exnews/feed/Excite/bit/2016/E1469070160502_31ce_8.jpg

子ども向けの割には、絵本では、強敵による残酷な攻撃があったり、時として悲しいストーリー展開も。
親の子どもへの愛、友情、そういった表現に重きを置いていることからも、九藏氏の強いこだわりを感じます。

昨年12月、現・総統の蔡英文氏が、台湾の出版社、漫画家、アニメーション業界のそれぞれの代表を集めての懇談会を行なった際には、アニメーション業界の代表として九藏氏が出席。
ネコ好きとしても知られる蔡英文氏は思わず、「九藏」と抱き合ったとのこと。CEOではなく、着ぐるみのほうの、です。

http://s.eximg.jp/exnews/feed/Excite/bit/2016/E1469070160502_0492_9.jpg

かつての政権は、マンガ・アニメに関して全くの無関心だったのに対し、蔡英文氏は台湾版コミケに自ら足を運ぶなど、台湾独自のアニメ・マンガ文化の育成にも力を入れる方向に動いており、DNAXCATは台湾唯一のテレビアニメーションとして、国を挙げて今後の展開が期待されています。

台湾と日本との架け橋になりたいという思いは強く、今年の「ゆるキャラグランプリ2016」に海外部門で初参戦。
11月5日、6日には愛媛県松山市の会場に着ぐるみが登場、グッズ販売も行なう予定となっています。

また、現在はアニメの2期が制作されていて、今回も本編12分の26話構成。日本人も楽曲を提供しています。
とはいえ、人の入れ替わりはあったものの、相変わらず4人で制作しているため、完成はなんとか来年の夏が目処とのこと。

http://s.eximg.jp/exnews/feed/Excite/bit/2016/E1469070160502_7211_10.jpg

DNAXCATの日本語版サイトやツイッターの展開までは至っていませんが、日本で商品展開を希望するパートナー企業を募集しており、今後順次、日本向けの露出を増やしていく計画もあるそうです。

http://s.eximg.jp/exnews/feed/Excite/bit/2016/E1469070160502_5475_1.jpg

台湾と日本の架け橋になりたい。そんな思いを抱いた台湾のネコたちDNAXCATを、日本のあちこちで見かける日も、それほど遠くないかもしれません。

※九藏口苗窩の口苗は、本来は一文字の繁体字

3: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/07/24(日) 08:53:17.60 ID:cI3tnSNQ
韓国怒りのポロロGO

4: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/07/24(日) 08:55:16.15 ID:GKOZU3Yx
ネコノミクス

5: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/07/24(日) 08:55:16.62 ID:qKm+MP/b
これフラッシュ全盛期に見た気がするんだが・・・

6: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/07/24(日) 08:56:55.00 ID:ONJaGwAd
台湾発ってのが意外

7: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/07/24(日) 08:57:27.46 ID:LxtCMBXB
桜花村塾

8: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/07/24(日) 08:58:39.01 ID:So7jora+
のまネコっぽい?

9: ユーライアヒープは突然に ◆FUpM5nazRY @無断転載は禁止 2016/07/24(日) 08:59:03.61 ID:n1i0xOUZ
なんだよ
うちのチワワをモデルにしてくれよ

10: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/07/24(日) 09:01:12.57 ID:gE+OCn/a
デザイン的にも日本のキャラにしか見えないなあ。

まあ、台湾で最初の作品なんだから、重要なのは、この後どう続くかだよね。
初期は日本の影響が強かったが、次第に独自性を増し・・・と続いて欲しい。

とはいえ、アニメーターが独自色のある作品を作るには未熟だからというのでなく、
台湾が文化的に日本のサブカルチャーに染まってしまっているから、という
理由にしか見えないので、どこぞの半島とは別の意味で不安ではあるねw

11: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/07/24(日) 09:02:55.17 ID:ONJaGwAd
ウィキペディア(台湾語)
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E8%8F%E5%B5%E7%AA%A9
>>2001年:論壇《九藏的喵窩》成立
結構長い事やってるんだな

12: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/07/24(日) 09:03:04.71 ID:0YIs/d/t
のまのまいぇいのフラッシュだな。

13: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/07/24(日) 09:04:35.71 ID:4xgbJ4Ro
神輿に鳥居に神社に猫
どこの日本ですか?

14: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/07/24(日) 09:04:56.75 ID:rzgYsZmv
萌え記号活用し過ぎ
ケモナー向けか