1: 環境破壊ちゃんφ ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/11/19(土) 22:45:54.84 ID:CAP_USER9
ひゃくまんさん、北陸新幹線に乗れない 設計ミスなの?
朝日新聞デジタル 11/19(土) 2:48配信

北陸新幹線金沢開業に向けて誕生した石川県の観光PRマスコットキャラクター
「ひゃくまんさん」。でも、北陸新幹線に乗れないどころか駅の改札さえも通れない。
ひょっとして設計ミスだったのか。

「おしり、おっきい!」
「通路通れるの?」

11月上旬、金沢駅前のホテルであったイベントに登場したひゃくまんさんに参加者から声が上がった。
行き帰りは狭い通路をなんとか通り抜け、業務用エレベーターで移動した。

体形で苦労している。テレビ局のスタジオに入れなかったことがある。
テレビ番組のロケで店に入れず、入り口で待ち続けたことも。県職員による会場の下見が欠かせない。

ひゃくまんさんが生まれたのは北陸新幹線開業2年前の2013年。身長は175センチと決まったが、
問題になったのが、おなか周りだった。担当した金沢市在住のデザイナー田中聡美さんが
「太さがあった方がかわいい」と、「正面から見て130センチ」の横幅を望んだ。

しかし、それでは県庁にすら入れない可能性があった。「少なくとも無事にデビューだけはできるように」と、
県は庁内のエレベーターや知事室の入り口などを計測。横向きになったひゃくまんさんの幅を
117センチにして、一般的な業務用エレベーターならなんとか通れるようにした。
「デザイナーと行政のせめぎあいだった」と県誘客戦略課の竹内政則課長は振り返る。

北陸新幹線の車内の入り口はバリアフリー車両でも幅約1メートル。乗ることははじめから、
想定していなかった。ひゃくまんさんは当初、あくまでも北陸新幹線開業前に
首都圏でPRするためのキャラクターだったからだ。地元との移動には
トラック輸送で往復25万~30万円かかり、
現在は首都圏と石川県内で2体のひゃくまんさんが動き回っている。
金箔(きんぱく)や輪島塗を使って1体200万円以上かけており、
竹内課長は「いいものを長く使うのも、石川らしさ」。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161119-00000015-asahi-soci

ひゃくまんさん 画像
http://www.mro.co.jp/announcer/tomoko/images/hyakuman2.JPG
http://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/s480x480/e15/11205773_1603525173255302_2013225227_n.jpg

【【地域】石川観光PRマスコットキャラクターゆるキャラ『ひゃくまんさん』北陸新幹線に乗れない 設計ミスなの?】の続きを読む